屋根・壁・外装・工事の美しい景観、品質、性能、安全、環境向上をご提供する日本屋根外装工事協会
日本屋根外装工事協会
Roof Wall Technology Association
協会のご案内 企画・案内 屋根外装ケアドクター 景観について 活動報告 会員向け情報 お問い合せ ホーム
活動報告
TOPページ > 活動報告 > 2012年12月13日
過去の活動履歴
2017年9月27日
  第4回 役員会
2017年8月29日
  平成29年 勉強会
2017年6月29日
  第3回 役員会
2017年3月14日
  第29回 総会
2017年2月7日
  第1回 役員会
2016年12月26日
  第3回 役員会
sp
2016年8月22日
  平成28年度 勉強会
2016年6月1日
  第2回 役員会
2016年3月16日
  第28回 総会
2016年2月4日
  第1回 役員会
2015年12月16日
  第4回 役員会
2015年8月26日
  リフォーム事業勉強会
2015年7月30日
  第3回 役員会
2015年5月19日
  第2回 役員会
2015年3月12日
  第27回 総会
2015年1月29日
  第1回 役員会
2014年11月27日
  第3回 役員会
2014年8月28日
  第2回 役員会
2014年5月28日
  第1回 役員会
2014年3月28日
  第26回 総会
2013年12月18日
  第4回 役員会
2013年10月9日
  第3回 役員会
2013年7月3日
  第2回 役員会
2013年3月12日
  第25回 総会
2013年2月1日
  第1回 役員会
2012年12月13日
  第3回 役員会
2012年9月24日
  第2回 役員会
2012年3月23日
  第24回 総会
2012年1月26日
  第2回 役員会
2011年11月25日
  第23回 総会
2011年7月12日
  2011年拡大役員会
2011年3月3日
  第23回 総会
2010年3月4日
  第22回 総会
2010年2月4日
  平成21年度第5回役員会
2009年10月29日
  事業発表会
2009年8月6日
  平成21年度第3回役員会
2009年5月28日
  平成21年度第2回役員会
2009年4月10日
  平成21年度第1回役員会
2009年3月3日
  第21回総会
2009年1月28
  第4回役員会
2008年11月13日
  第3回役員会
2008年10月24日
  合同セミナー
2008年9月11日
  第2回役員会
2008年3月3日
  第20回 総会
2007年12月10日
  第3回役員会
2007年9月7日
  第2回役員会
2007年2月1日
  第19回総会次第
2007年2月
  中部経済新聞掲載
2006年12月12日
  臨時拡大役員会
2006年11月7日
  材工検討会
2006年9月7日
  拡大役員会
2006年7月6日
  拡大役員会
2006年3月15日
  会長会社訪問
2006年2月7日
  美しい日本の景観と屋根
2005年8月7日
  ルーフスケープコンテスト
旅をしてみたい、住んでみたい そんな人が集まる街づくりを考える
活動報告
◇日本屋根外装工事協会 平成24年度 第3回役員会 - 1
開催日 平成24年12月13日 14:00〜17:00
開催地 名古屋市 安保ホール
議事録作成人 樅山
坪井様、伊藤様、篠田様、斉藤様、引田様、神谷様、山本様、加藤様、説田様、渡辺様、小野様、野水様、北川様、藤本様、成田様、伊藤様、江原様、樅山

◆会長あいさつ
最近、株式市場で、株価の上昇してる、その中で、大和ハウスの株価が、上昇しているのが注目される。戸建の中では、積水ハウスの着工戸数がはるかに多いが、大和ハウスは、プロモーションが非常に上手に思われる。
今年は、環境、介護等といったグリーン分野での住宅事情がトレンドとなっていたが、住宅業界は、疲弊の状況下が続いている。
経済としても、非常に厳しい状態が続いているが、国も会社も、新たな事業戦略、ビジネスモデルの考案をする必要がある。
来年開催される総会では、全国の会員皆様と一緒に考えていきたい。

◆報告事項
・東日本支部
ケイミューとの市況情報交換
フラット35仕様内容について

中部支部

ルーフスケープ
中部産業新聞から見た屋根業界について

西本支部
ストック推進
全国総会(有馬温泉開催)

仕様検討部会
シンポジューム等の開催
野地上工法、野地なし工法など来年に新聞メディア等で取り上げ予定

ルーフスケープ部会
奈良の散策、来年の4月に正倉院の見学会が抽選にて、行われます。また全国まちづくり会議の出席

PV部会

今年開催されたPVジャパン(太陽光発電)イベントにビックサイトに出席、瓦の資料配布等を行う。今後、ストック事業部会との合同推進をしていくことを模索していく。
PVジャパンから、国のPV認定制度を設ける予定(詳細はインターネットで確認することができる。)

ストック事業推進部会

今までは、BtoCで行ってきたが、今後のストックはBtoBも含めて、事業推進を検討している。

広報渉外部会
現在、インターネット上からの申し込みが多くなって来ているが、今後、対応ルールの決定などを検討する必要がある。
今後、問い合わせについては、各支部会ごとの広報担当にメール転送をする予定

次回支部会、改めて各支部会の広報渉外担当を決定する。
最終、運営専務へ結果報告を必ず行うこととする。

2)瓦造形展について
鶴弥、三州野安といった三州屋根材メーカーも出店していた、通常の工法ではない、デザイン性に富んだ出展。賞は9種類あり、和洋風、和風といったデザイン賞があった。
2012年11月15日〜26日 国立新美術館(開催)

 
 
 
◇日本屋根外装工事協会 平成24年度 第3回役員会 - 2

4)名義後援

5)会計中間報告の件

5)その他

◆審議事項
・今年をもって、PV部会解散となりました。

◆協議事項
□全国総会開催予定 3月12日(火 )
(各会社の成功ケーススタディ等を検討)
有馬グランドホテル

受付  13:00〜
総会 13:30〜14:30
各支部会報告 14:45〜15:45
基調講演 16:00〜17:00
懇親会 18:00〜20:00


13日(水)懇親コンペとなります。
※関東方面から見えられる会員の方へ
新大阪から、有馬温泉行のバスが出ております。
インターネット等にて事前予約(阪急バス)をしていただくことができます。総会出席に間に合うには、11:29発の急行バスがお勧めです。かなり急行バスは混んでいることがありますので、ご注意ください。
阪急バス(新大阪→有馬)空席照会


□ストック事業推進部会
部会長交代(案)、次回役員会協議事項

□屋根外装工事協会のFACEBOOKの立ち上げを検討
(手順等を含め、広報渉外部会 副部会長(樅山)にて説明資料を次回までに制作を行う。今後、協会の早い情報発信を可能にしていくことが目的

◆その他
今後、建設現場で、社会保険(国民保険)加入の義務付の方向、下請であっても、加入義務の必要性がある。また建設業許可書などでも、社会保険番号、労災番号の記載が必須となっている。

 
 
   
Copyright