屋根・壁・外装・工事の美しい景観、品質、性能、安全、環境向上をご提供する日本屋根外装工事協会
日本屋根外装工事協会
Roof Wall Technology Association
協会のご案内 企画・案内 屋根外装ケアドクター 景観について 活動報告 会員向け情報 お問い合せ ホーム
活動報告
TOPページ > 活動報告 > 2011年11月25日
過去の活動履歴
2017年9月27日
  第4回 役員会
2017年8月29日
  平成29年 勉強会
2017年6月29日
  第3回 役員会
2017年3月14日
  第29回 総会
2017年2月7日
  第1回 役員会
2016年12月26日
  第3回 役員会
sp
2016年8月22日
  平成28年度 勉強会
2016年6月1日
  第2回 役員会
2016年3月16日
  第28回 総会
2016年2月4日
  第1回 役員会
2015年12月16日
  第4回 役員会
2015年8月26日
  リフォーム事業勉強会
2015年7月30日
  第3回 役員会
2015年5月19日
  第2回 役員会
2015年3月12日
  第27回 総会
2015年1月29日
  第1回 役員会
2014年11月27日
  第3回 役員会
2014年8月28日
  第2回 役員会
2014年5月28日
  第1回 役員会
2014年3月28日
  第26回 総会
2013年12月18日
  第4回 役員会
2013年10月9日
  第3回 役員会
2013年7月3日
  第2回 役員会
2013年3月12日
  第25回 総会
2013年2月1日
  第1回 役員会
2012年12月13日
  第3回 役員会
2012年9月24日
  第2回 役員会
2012年3月23日
  第24回 総会
2012年1月26日
  第2回 役員会
2011年11月25日
  第23回 総会
2011年7月12日
  2011年拡大役員会
2011年3月3日
  第23回 総会
2010年3月4日
  第22回 総会
2010年2月4日
  平成21年度第5回役員会
2009年10月29日
  事業発表会
2009年8月6日
  平成21年度第3回役員会
2009年5月28日
  平成21年度第2回役員会
2009年4月10日
  平成21年度第1回役員会
2009年3月3日
  第21回総会
2009年1月28
  第4回役員会
2008年11月13日
  第3回役員会
2008年10月24日
  合同セミナー
2008年9月11日
  第2回役員会
2008年3月3日
  第20回 総会
2007年12月10日
  第3回役員会
2007年9月7日
  第2回役員会
2007年2月1日
  第19回総会次第
2007年2月
  中部経済新聞掲載
2006年12月12日
  臨時拡大役員会
2006年11月7日
  材工検討会
2006年9月7日
  拡大役員会
2006年7月6日
  拡大役員会
2006年3月15日
  会長会社訪問
2006年2月7日
  美しい日本の景観と屋根
2005年8月7日
  ルーフスケープコンテスト
旅をしてみたい、住んでみたい そんな人が集まる街づくりを考える
活動報告
◇日本屋根外装工事協会 第23回 総会 - 1
開催日 平成23年11月25日 13:30〜18:00
開催地 名古屋ダイヤビル2号館 3F
議事録作成人 樅山
坪井様、齋藤様、北川様、神谷様、渡辺様、藤本様、加藤様、山本様、野水様、引田様、説田様、伊藤様、篠田様、江原様、成田様、伊藤様、樅山

■平成23年度 会長 あいさつ
震災以後、なかなか、役員会を開催することが出来ず、今回にいたりました。震災後、施工人工が高騰しはじめている。しかしながら、今後は、人材教育を行い、次世代の職人さんを輩出していかなくてはならない。
震災後、やっと復興の兆しが出てきたものの、西日本ではなかなか、市場の冷え込みがあるのが実際である。
今後、業界の時代を考えると、やはりこの屋根外装工事協会でこの先のビジョンを作り上げる必要があるといえる。
 
【報告事項】
1)支部会報告
(東日本支部)
・地震、台風と災害によりとにかく忙しく、技術者が不足している。
・PV部会からの報告会
・長期優良住宅に資する屋根工法研究会

(中部支部)
・夏以降、支部会の出席者が減少(現場が忙しいため等)
・10月にはまちづくり会議(埼玉)で開催
・11月お千代保稲荷門前町散策

(西日本支部)
・支部会メンバーが減少中。
・10月支部会開催 山善さまより太陽光の講習会。
(施工価格等を検討した。)
・九州エリアのメンバーが減少
 
2)部会報告
「工法仕様検討部会」
--------------------------------------------
10月17日 共同研究、PD、プログラム案
題目「木造住宅における雨水進入、結露と通気、換気、劣化」

□パネルディスカッション
雨水進入の仕組みと対策 石川(東海大)
小屋裏・壁内結露の要因と対策 斉藤(建研)
屋根材と屋根下地の劣化実態 江原(全瓦連)
外壁材と外壁下地の劣化実態 篠塚(保険協会)
各部納まりのグレーディング 梅田(木住協)
ドイツ屋根板金マイスターの屋根事情報告 岩元創
木造住宅の劣化をめぐる検討課題 土屋(東洋大)
全体討論

11月25日
「東日本大震災の発生に伴う被災者相談制度」に関する報告 野原(保険協会)
東日本大震災状況とラスモルタル外壁の今後の課題 田原(STC)
瓦屋根被害の特徴 鈴木(全瓦連)
非廣造部材の地震動被害と津波対策 古賀(東京理科)
津波被害と木造住宅 大橋(東京理科)

「広報渉外部会」
--------------------------------------------
・震災後、情報発信を怠っていた為、以後情報発信を充実いたします。

「ルーフスケープ事業推進部会」
--------------------------------------------
・川越のまちづくり会議
小江戸の町を散策、埼玉の独特の屋根を観賞
・まちづくりのパネルを製作
・お千代保稲荷門前町散策

「ストック事業推進部会」
--------------------------------------------
・チラシ(リーフレット)を製作
※西日本支部で、リフォーム受注の実績あり
・リフォーム用屋根ふき材料設計価格(材工)一覧を製作

「太陽光発電部会」
--------------------------------------------
・本年度 副部会長として、神谷様(サン・カミヤ)に任命
・材工は市場価格が低下しているが、工賃は高騰している。
・太陽光発電市場は、上昇中であることは確かである。
・大手住宅メーカーは新築では3割〜5割(前年比)の伸び率
・太陽光発電(PV)設置手間代 見積書(案)製作
 
 
 
◇日本屋根外装工事協会 第23回 総会 - 2
3)会計報告

4)次世代の瓦文化・生業のグランド・デザインを描く会
瓦屋根は日本の建築の大きな特徴であり、ここの建築を守る優れた材料と工法であり、またその集積は多くの地域において景観を形成する社会資本でもあります。その文化を維持する努力は、現在において瓦屋根を生業とする我々に課せられた使命だと考えます。

生業のグランドデザイン骨子(案)
--------------------------------------------
1.東日本大震災等を踏まえた関東・東北地方の日本瓦屋根復旧支援対策
2.歴史的町並み保存や世界遺産指定に伴う伝統的瓦屋根保存技術の維持
3.国の重要施策の一つである、国際観光振興(ビジットジャパン)にふさわしい景観的魅力を加える城下町、門前町等の日本瓦屋根整備等
--------------------------------------------

5)震災復興応援報告
西日本支部の会員のメンバーからの支援があり、工事受注も順調に完工してきております。しかしながら、震災復興が本格的に始まり、受注も増えてきており、受注残は、以前より増えています。また公共物件なども同時に着工、見積がはじまっております。
現在、基礎、足場、屋根の施工会社(職人)が、非常に欠けているのが現状です。
現状、坪井利三郎商店様と材工発注依頼も流れにのり始めましたので、来年春以降にまたご協力いただける企業様をお願いいたします。

6)審議事項
1)第24回総会開催の件
開催支部:中部支部

2)総会議案の件

3)太陽光発電部会「PV設置手間代」の件
RWTA政策調整会議への議案候補
@雨漏りの可能性の少ないRWTA仕様の施工法の提案
A協会としての施工管理士の認定制度
B雨降り時の太陽光発電システムの施工指針
C手間請けの際の適正な施工価格の設定(保管・搬入を含む)
DRWTA独自の太陽光発電システムの販売

4)その他
東日本支部所属 岩月瓦工業様(長野県)来年1月から中部所属移転

【次回役員会開催日】
2012年1月26日(木曜日) 13:30〜名古屋ダイヤビル開催
 
 
 
   
Copyright