屋根・壁・外装・工事の美しい景観、品質、性能、安全、環境向上をご提供する日本屋根外装工事協会
日本屋根外装工事協会
Roof Wall Technology Association
協会のご案内 企画・案内 屋根外装ケアドクター 景観について 活動報告 会員向け情報 お問い合せ ホーム
活動報告
TOPページ > 活動報告 > 2009年5月28日
過去の活動履歴
2017年9月27日
  第4回 役員会
2017年8月29日
  平成29年 勉強会
2017年6月29日
  第3回 役員会
2017年3月14日
  第29回 総会
2017年2月7日
  第1回 役員会
2016年12月26日
  第3回 役員会
sp
2016年8月22日
  平成28年度 勉強会
2016年6月1日
  第2回 役員会
2016年3月16日
  第28回 総会
2016年2月4日
  第1回 役員会
2015年12月16日
  第4回 役員会
2015年8月26日
  リフォーム事業勉強会
2015年7月30日
  第3回 役員会
2015年5月19日
  第2回 役員会
2015年3月12日
  第27回 総会
2015年1月29日
  第1回 役員会
2014年11月27日
  第3回 役員会
2014年8月28日
  第2回 役員会
2014年5月28日
  第1回 役員会
2014年3月28日
  第26回 総会
2013年12月18日
  第4回 役員会
2013年10月9日
  第3回 役員会
2013年7月3日
  第2回 役員会
2013年3月12日
  第25回 総会
2013年2月1日
  第1回 役員会
2012年12月13日
  第3回 役員会
2012年9月24日
  第2回 役員会
2012年3月23日
  第24回 総会
2012年1月26日
  第2回 役員会
2011年11月25日
  第23回 総会
2011年7月12日
  2011年拡大役員会
2011年3月3日
  第23回 総会
2010年3月4日
  第22回 総会
2010年2月4日
  平成21年度第5回役員会
2009年10月29日
  事業発表会
2009年8月6日
  平成21年度第3回役員会
2009年5月28日
  平成21年度第2回役員会
2009年4月10日
  平成21年度第1回役員会
2009年3月3日
  第21回総会
2009年1月28
  第4回役員会
2008年11月13日
  第3回役員会
2008年10月24日
  合同セミナー
2008年9月11日
  第2回役員会
2008年3月3日
  第20回 総会
2007年12月10日
  第3回役員会
2007年9月7日
  第2回役員会
2007年2月1日
  第19回総会次第
2007年2月
  中部経済新聞掲載
2006年12月12日
  臨時拡大役員会
2006年11月7日
  材工検討会
2006年9月7日
  拡大役員会
2006年7月6日
  拡大役員会
2006年3月15日
  会長会社訪問
2006年2月7日
  美しい日本の景観と屋根
2005年8月7日
  ルーフスケープコンテスト
旅をしてみたい、住んでみたい そんな人が集まる街づくりを考える
活動報告
◇日本屋根外装工事協会 平成21年度第2回役員会 - 1
開催日 平成21年5月28日 11:30〜17:00
開催地 坪井利三郎商店 会議室7F
議事録作成人 山路、樅山

坪井会長、成田副会長、篠田副会長、伊藤副会長、伊藤運営専務、江原部会長、北川部会長、加藤会計、山本会計、大阪ホーム建材副部会長、藤本幹事、引田幹事、小野幹事、説田幹事、山路副部会長

■会長挨拶 坪井会長
大手ハウスメーカーの話では、4月度の受注は若干上向きになっている。また日経平均の株価上向き傾向にもなっているので、今後の新築需要も若干ながら、期待が見込めるのではないでしょうか?しかし、現在新築住宅では、原価に近い状態の発注金額が多く、利益を捻出するのは非常に困難。
そのため、リフォームシフトが必要であり、特にお施主直となる直受リフォームの仕組みづくりが必要。

■報告事項
「各支部会・部会報告」
----------------------------------------
□東日本支部
・江原部会長 通気工法の勉強会 
・住宅瑕疵担保保障制度について説明
・KMEWの伊賀上野工場見学会 6/16日 現在11名

□中部支部会

4/14日、定期例会を実施しました。

□西日本支部会
ストック事業推進部会の北川様 ホーム建材大阪 灘元さん
住宅瑕疵担保障制度について、どのような方向性にて進めていくかについて話し合いをもった。

□工法仕様検討部会
長期優良住宅の取組、どこまで範囲の工法がよいのかを検討中。また、東海大学の石川教授、全建連の青木様ともご協力をいただいている。
◇日本屋根外装工事協会 平成21年度第2回役員会 - 2
■オリエンテーション

1)コンサルタント会社「カスタマイトコーポレーション」による、ストック事業推進に関わる今サル業務について
----------------------------------------
□RWTA ストック事業推進部会コアメンバー

東日本支部 コトブキ 小野様
山路  山路様
中部支部 万古窯業 加藤様
引田建工 引田様
西日本支部 ナルセ 北川様(部会長
大阪ホーム建材 灘本様(副部会長

□目的:RWTA主導にて下記の構築を目指
T リフォーム事業を受注拡大す仕組み
ブランド構築、教育的、啓発、情報提供、相談窓口などを設置し、お客様直受を目指す。
U 中古住宅市場の需要創出流動化を拡大する仕組
新築、中古購入、賃貸、入居それぞれライフスタイルに合わせたプラン作りを行う。

今後、10回に渡り、ストック事業推進部会とミーティングが決定
 
◇日本屋根外装工事協会 平成21年度第2回役員会 - 3
■市況報告等
----------------------------------------
□西日本
新築需要は、売れ行きが止まった感じがする。リフォームの方が需要が高い。特に京都エリアの屋根リフォームについては、勾配屋根などがついたりし景観緑三法の影響もあり良好。太陽光発電については、ボチボチ。来年に期待が膨らむ。

□三河周辺
F形は、1割減止まりとなっており、粘土系全般も検討している。

□神奈川周辺
クボタ松下電工のグラッサの比率が増えている。太陽光、カバールーフなどリフォームに使う、被せ葺き板金が非常に増えている。ハウスメーカーについては、コストダウン要請が相次いでいる。そのため、リフォーム関連に方向性の転換が余儀なくされている。

□首都圏周辺
ビルダーが支払いが少しずつ伸びてきている。そのため、気づかないうちに、現預金・キャッシュフローが悪くなってきている。

□千葉周辺
房総周辺はあまりよくなく、注文は相変わらずといった感じ。分譲は動き始めた。

□愛知周辺
太陽光発電は、比較的良い。1件の取り付けで2から3社の見積が入るといった相見積となって供給側が増えている。

□岐阜周辺
新築はあまり変わらず。今後はリフォームの直受が期待される。 粘土瓦の仕事がどんどん減っているイメージもある。
 
 
   
Copyright