屋根・壁・外装・工事の美しい景観、品質、性能、安全、環境向上をご提供する日本屋根外装工事協会
日本屋根外装工事協会
Roof Wall Technology Association
協会のご案内 企画・案内 屋根外装ケアドクター 景観について 活動報告 会員向け情報 お問い合せ ホーム
活動報告
TOPページ > 活動報告 > 2009年4月10日
過去の活動履歴
2017年9月27日
  第4回 役員会
2017年8月29日
  平成29年 勉強会
2017年6月29日
  第3回 役員会
2017年3月14日
  第29回 総会
2017年2月7日
  第1回 役員会
2016年12月26日
  第3回 役員会
sp
2016年8月22日
  平成28年度 勉強会
2016年6月1日
  第2回 役員会
2016年3月16日
  第28回 総会
2016年2月4日
  第1回 役員会
2015年12月16日
  第4回 役員会
2015年8月26日
  リフォーム事業勉強会
2015年7月30日
  第3回 役員会
2015年5月19日
  第2回 役員会
2015年3月12日
  第27回 総会
2015年1月29日
  第1回 役員会
2014年11月27日
  第3回 役員会
2014年8月28日
  第2回 役員会
2014年5月28日
  第1回 役員会
2014年3月28日
  第26回 総会
2013年12月18日
  第4回 役員会
2013年10月9日
  第3回 役員会
2013年7月3日
  第2回 役員会
2013年3月12日
  第25回 総会
2013年2月1日
  第1回 役員会
2012年12月13日
  第3回 役員会
2012年9月24日
  第2回 役員会
2012年3月23日
  第24回 総会
2012年1月26日
  第2回 役員会
2011年11月25日
  第23回 総会
2011年7月12日
  2011年拡大役員会
2011年3月3日
  第23回 総会
2010年3月4日
  第22回 総会
2010年2月4日
  平成21年度第5回役員会
2009年10月29日
  事業発表会
2009年8月6日
  平成21年度第3回役員会
2009年5月28日
  平成21年度第2回役員会
2009年4月10日
  平成21年度第1回役員会
2009年3月3日
  第21回総会
2009年1月28
  第4回役員会
2008年11月13日
  第3回役員会
2008年10月24日
  合同セミナー
2008年9月11日
  第2回役員会
2008年3月3日
  第20回 総会
2007年12月10日
  第3回役員会
2007年9月7日
  第2回役員会
2007年2月1日
  第19回総会次第
2007年2月
  中部経済新聞掲載
2006年12月12日
  臨時拡大役員会
2006年11月7日
  材工検討会
2006年9月7日
  拡大役員会
2006年7月6日
  拡大役員会
2006年3月15日
  会長会社訪問
2006年2月7日
  美しい日本の景観と屋根
2005年8月7日
  ルーフスケープコンテスト
旅をしてみたい、住んでみたい そんな人が集まる街づくりを考える
活動報告
◇日本屋根外装工事協会 平成21年度第1回役員会 - 1
開催日 平成21年4月10日 13:30〜17:00
開催地 坪井利三郎商店 会議室7F
議事録作成人 山路

坪井会長、成田副会長、篠田副会長、伊藤副会長、伊藤運営専務、江原部会長、北川部会長、加藤会計、山本会計、神谷会計監査、斉藤顧問、渡邊顧問、小野幹事、説田幹事、西田幹事、福原幹事、山路副部会長

■会長挨拶 坪井会長
新幹事を迎え、全国役員会に参加頂きありがとうございます。景気市況に付きましては、現状非常に悪いように思います。また、新築が動き始めても利益を出せるかが心配です。大型物件での利益率確保もかなり難しい状況です。この会のステータス事態はあがってきていると思います。本日はこの会の方針を決定し、各部会に持ち帰っていただければと思います。この会を切り口にし、商売へ活用し意義あるものへなれればと思います。

■報告事項
「各支部会・部会報告」
----------------------------------------
□東日本支部
平板瓦の価格表と仕様書にHPにPDFにて掲載しています。長期優良住宅の工法・仕様

□中部支部会

来週の火曜日に支部会を開催します。

□西日本支部会
今月の22日に支部会を開催します。ストック事業の推進に協力していく予定です。
◇日本屋根外装工事協会 平成21年度第1回役員会 - 2
審議事項

1)組織図(部会名)一部変更(案)」
----------------------------------------
□ルーフスケープ推進事業部会の名称をルーフスケープ事業推進部会に変更

□各部会に副部会長の設置 

□工法・仕様検討部会 副部会長に小野幹事 

□広報渉外部会 運営専務の直轄部会とし、副部会長に樅山、山路

□ルーフスケープ事業推進部会 副部会長に説田幹事

□ストック事業推進部会 副部会長に灘本さん


■協議事項-1

(1)各部会事業計画案の件
----------------------------------------
□工法・仕様検討部会 江原部会長
1)部会方針・考え方
長期優良住宅の普及の推進法の施行(6月4日)により構造体力上主要な部分(小屋組、等)を3世代(100年以上)腐食、腐朽を防止しなければならない。
防水の工法仕様について取り組むと共に結露防止対応、野路板、通気工法の検討を推進します。


2)事業内容・施策・他団体との関わり方
各屋根団体、行政(国交省)と共に長期優良住宅の技術基盤検討委員会等との連携をとりながら傾斜屋根市場の健全な発展を実現させることが必要であると考えます。

3)スケジュール・アクションプラン
@(社)全瓦連とコンタクトを取り、共に話し合う
A9月までに初期段階の工法仕様を策定する

4)事業推進に必要な予算
交通費、工法仕様の検証費、部材準備費など50万円くらいを必要とします。


□(仮称)ルーフスケープ事業推進部会 篠田部会長
1)部会方針・考え方
景観法に基づく美しい日本への再生に、屋根がもたらす美しい家並みが大きく景観的意義があることを社会に認識して頂くべく行動をして、協会の社会的貢献活動、会員の義務発展、社会的地位向上に寄与するものとすることを方針とする。


2)事業内容・施策・他団体との関わり方
協会会員に対してのルーフスケープ事業の意義の理解と、協会外の目的を同じくする諸団体と協働していく。MPO日本都市計画家協会の研究会のルーフスケープ研究会に参加し、共同運営をしていき目的の達成に努力する。

3)スケジュール・アクションプラン
会員全員参加による家並みの写真を撮影していき、意義を理解する為に美しい家並み・悪い家並みを相対データとして蓄積し、管理をしていく。

4)事業推進に必要な予算
ルーフスケープ基金による運営または他団体との諸事業については別途会計
 
◇日本屋根外装工事協会 平成21年度第1回役員会 - 3
■協議事項-2
----------------------------------------
□ストック事業推進部会 北川部会長
1)部会方針・考え方
会員各社は増益のためにいろいろ対策をたてていると思いますが、ストック住宅の直受けによる収益改善もその一つです。当事業部はストック住宅にたいする直受営業を後押しする為の活動を行いたいと考えています。

2)事業内容・施策・他団体との関わり方
(1)東、中、西各支部選抜のワーキングチームの再編成(2)RWTAの長期優良住宅の施工仕様の作成(屋根他)
(3)直受営業戦略・手法の検討及びまとめ
(4)販促資料の作成 メンテナンス時期の検討
A:長期優良住宅
B:既存の一般的な住宅 適正価格の検討
(5)技術資料及びアプローチの作成

3)スケジュール・アクションプラン
10月末をめどにコンサルタントと共同制作とする。

4)事業推進に必要な予算
予算は協議事項のその他で検討する。


□粘土瓦小冊子作成委員会への委員派遣の件
伊藤運営専務
継続事業の為、ルーフスケープ推進部会より説田副部会長、伊藤運営専務が参加する。

□工法・仕様検討部会提案の「施工仕様」の件
江原部会長


□ストック事業推進部会コンサルタント契約の件
北川部会長
会員との勉強会を含め、コンサルタントの必要性を感じる。ストック事業推進部会のリフォーム事業を進めていく為にコンサルタントは必要かどうか。日本経営システム、みずほ総合研究所、CBCC、カスタマイトコーポレーションなどと話し合う。コンサルタント契約予算については、各社ばらばらである。契約予算は150万円から2000万円である。

■討議事項
住宅瑕疵担保履行法について 篠田副会長引き渡し物件で、すでに含まれ始めています。
 
 
   
Copyright