屋根・壁・外装・工事の美しい景観、品質、性能、安全、環境向上をご提供する日本屋根外装工事協会
日本屋根外装工事協会
Roof Wall Technology Association
協会のご案内 企画・案内 屋根外装ケアドクター 景観について 活動報告 会員向け情報 お問い合せ ホーム
活動報告
TOPページ > 活動報告 > 2008年10月24日
過去の活動履歴
2017年9月27日
  第4回 役員会
2017年8月29日
  平成29年 勉強会
2017年6月29日
  第3回 役員会
2017年3月14日
  第29回 総会
2017年2月7日
  第1回 役員会
2016年12月26日
  第3回 役員会
sp
2016年8月22日
  平成28年度 勉強会
2016年6月1日
  第2回 役員会
2016年3月16日
  第28回 総会
2016年2月4日
  第1回 役員会
2015年12月16日
  第4回 役員会
2015年8月26日
  リフォーム事業勉強会
2015年7月30日
  第3回 役員会
2015年5月19日
  第2回 役員会
2015年3月12日
  第27回 総会
2015年1月29日
  第1回 役員会
2014年11月27日
  第3回 役員会
2014年8月28日
  第2回 役員会
2014年5月28日
  第1回 役員会
2014年3月28日
  第26回 総会
2013年12月18日
  第4回 役員会
2013年10月9日
  第3回 役員会
2013年7月3日
  第2回 役員会
2013年3月12日
  第25回 総会
2013年2月1日
  第1回 役員会
2012年12月13日
  第3回 役員会
2012年9月24日
  第2回 役員会
2012年3月23日
  第24回 総会
2012年1月26日
  第2回 役員会
2011年11月25日
  第23回 総会
2011年7月12日
  2011年拡大役員会
2011年3月3日
  第23回 総会
2010年3月4日
  第22回 総会
2010年2月4日
  平成21年度第5回役員会
2009年10月29日
  事業発表会
2009年8月6日
  平成21年度第3回役員会
2009年5月28日
  平成21年度第2回役員会
2009年4月10日
  平成21年度第1回役員会
2009年3月3日
  第21回総会
2009年1月28
  第4回役員会
2008年11月13日
  第3回役員会
2008年10月24日
  合同セミナー
2008年9月11日
  第2回役員会
2008年3月3日
  第20回 総会
2007年12月10日
  第3回役員会
2007年9月7日
  第2回役員会
2007年2月1日
  第19回総会次第
2007年2月
  中部経済新聞掲載
2006年12月12日
  臨時拡大役員会
2006年11月7日
  材工検討会
2006年9月7日
  拡大役員会
2006年7月6日
  拡大役員会
2006年3月15日
  会長会社訪問
2006年2月7日
  美しい日本の景観と屋根
2005年8月7日
  ルーフスケープコンテスト
旅をしてみたい、住んでみたい そんな人が集まる街づくりを考える
活動報告
◇全瓦連・全陶連・屋根外装 合同セミナー - 1
開催日 平成20年10月24日 13:30〜17:00
開催地 舞鶴館
司会 神谷 環光 様、柳本 行博 様
1)各団体代表挨拶
全瓦連副理事長 佐久間 馨司
(社)全日本瓦工事業連盟理事長 山田 勝雄
全国陶器瓦工業組合連合会理事長 野口 安廣
日本屋根外装工事協会会長 坪井 進悟


2)セミナー
講師】博報堂プロデューサー 中里 好宏 様
――――
――――――――――――――――――――
瓦屋根の総需要拡大のためのPRプロモーション
――――
――――――――――――――――――――
・なぜ瓦屋根需要が減少しているのか
・瓦屋根の普及に、何が不足しているのか
・瓦屋根を選んでもらうために
・基本的な考え

・瓦の良さを網羅したハンドブックの作成
・ハンドブック構成案
・ハンドブック配布方法
・継続的な情報発信
・KAWARA版構成案
・KAWARA版配布方法
・業界イベントで活用できるPRキット
・「報道」としての情報発信
・雑誌展開
・新聞展開
・TV展開
・瓦に注目させるコンテスト企画
・瓦屋根の構造に趣味として親しんでもらう。
・その他、プロモーションアイデア
 
◇全瓦連・全陶連・屋根外装 合同セミナー - 2

3)意見交換会
――――――――――――――――――――――――

□全瓦連
@
耐震(地震)についての対策
A
粘土瓦の特質につての対策
B
瓦の奥深さについて知ってもらう
C
屋根、壁、床、塀の上など仕様箇所、多様化について、知ってもらう。
D
瓦につていの歴史を知って欲しい
E
工法についても知ってもらいたい

□愛陶工
@
PR予算があまり無い中、今年度中に一般書店での本1500部をつくる。
A
大学教授による「間違った耐震」「全瓦連推奨」 三州瓦「2008建築建材展」など三州瓦として出展する。
B
エンドユーザーに数字で見てもらう実験データを取っている、この10年間は各社独立したPRをしてきたが、ここからは各社組んでPRしていきたい。

□淡路瓦工業組合
@
設計士様に対して、淡路瓦の良さを各社によってアピールしている。
A
地元の工務店、設計士様を呼び神戸で、グランプリを開く、実績は、前年2100人(全瓦連のグランプリは800人)
B
設計士様を呼んで、体験形のイベントを開いたが、好評のため今回も行う。

□全瓦連青年部
@
設計士様、その他学生に対して、瓦を知ってもらうイベントを行う予定。

□日本屋根外装工事協会
@
住宅の超長寿命化に向けて、リフォームも考えた200年住宅対策をしていく。
A
技術と実績に裏付けられた団体を目指す。「景観」をキーワードに「門前町サミットの開催を企画している。
 
◇全瓦連・全陶連・屋根外装 合同セミナー出席者
(社)全日本瓦工事業連盟
役職
会社名
氏名
理事長
アスカ工業
山田 勝雄
副理事長
潟Tクマ
佐久間 馨司 
副理事長
津山興業
保田 久雄
総務委員長
鰍竄ヒやの猪島
猪島 瀧治
理事
(有)入山屋根工事店
入山 勝夫
理事
癌_田瓦センター
濱田 俊二
理事
福島瓦工業
薄井 幸夫
理事
竃本産業
柳本 行博
理事
叶_喜
神谷 勝己
愛知県
(資)都築瓦店
都築 徹夫
青年部
宮内瓦店
宮内 宏和
事務局長
大木 隆夫
日本屋根外装工事協会
会長
樺リ井利三郎商店
坪井 進悟
副会長
叶ャ田屋商店
成田 清
副会長
且ツ田屋
篠田 泰宏
運営専務
日本洋瓦商事
伊藤 英実
部会長
エバー
江原 正也
部会長
潟iルセ
北川 和美
会計
萬古窯業
加藤 長
会計
大東瓦工業
山本 隆之
顧問
潟~シマ
斉藤 勝
広報委員長
潟c~ヤマ
樅山 淳三
広報副委員長
且R路
山路 善一郎
全国陶器瓦工業組合連合会(愛知県陶器瓦工業組合)
副理事長
野安製瓦
野口 安廣
副理事長
創嘉瓦工業
石原 順二
理事 技術環境委員長
滑笊气Zラミックス
岩月 明仁
理事 市場調査委員長
樺゚弥
鶴見 哲
理事 広報委員長
叶_清
神谷 環光
理事市場調査副委員長
丸栄陶業
樅山 朋久
理事広報副委員長
新東
古橋 幸夫
技術環境委員会
碧南窯業
神谷 彦二
広報委員
且R平
神谷 英嗣
事務局 広報担当
奥谷 克尚
全国陶器瓦工業組合連合会(淡路瓦工業組合)
青年部 部長
潟~ハラ
嶋本 宏信
青年部
緑窯業
道上 裕二
青年部
潟^ツミ
興津 祐扶
青年部
丸新かわら協業組合
鴻原 達雄
青年部
(有)谷池健司製瓦所
谷池 永充
青年部
谷池和則製瓦所
谷池 直哉
青年部
谷池定秋製瓦所
谷池 健太郎
青年部
道上正製瓦所
道上 浩行
青年部
道上敏夫製瓦所
道上 定幸
青年部
オキツ瓦工業
興津 明智
青年部
谷池瓦産業
谷池 将司
 
   
Copyright