屋根・壁・外装・工事の美しい景観、品質、性能、安全、環境向上をご提供する日本屋根外装工事協会
日本屋根外装工事協会
Roof Wall Technology Association
協会のご案内 企画・案内 屋根外装ケアドクター 景観について 活動報告 会員向け情報 お問い合せ ホーム
活動報告
TOPページ > 活動報告 > 2006年2月7日
過去の活動履歴
2017年6月29日
  第3回 役員会
2017年3月14日
  第29回 総会
2017年2月7日
  第1回 役員会
2016年12月26日
  第3回 役員会
sp
2016年8月22日
  平成28年度 勉強会
2016年6月1日
  第2回 役員会
2016年3月16日
  第28回 総会
2016年2月4日
  第1回 役員会
2015年12月16日
  第4回 役員会
2015年8月26日
  リフォーム事業勉強会
2015年7月30日
  第3回 役員会
2015年5月19日
  第2回 役員会
2015年3月12日
  第27回 総会
2015年1月29日
  第1回 役員会
2014年11月27日
  第3回 役員会
2014年8月28日
  第2回 役員会
2014年5月28日
  第1回 役員会
2014年3月28日
  第26回 総会
2013年12月18日
  第4回 役員会
2013年10月9日
  第3回 役員会
2013年7月3日
  第2回 役員会
2013年3月12日
  第25回 総会
2013年2月1日
  第1回 役員会
2012年12月13日
  第3回 役員会
2012年9月24日
  第2回 役員会
2012年3月23日
  第24回 総会
2012年1月26日
  第2回 役員会
2011年11月25日
  第23回 総会
2011年7月12日
  2011年拡大役員会
2011年3月3日
  第23回 総会
2010年3月4日
  第22回 総会
2010年2月4日
  平成21年度第5回役員会
2009年10月29日
  事業発表会
2009年8月6日
  平成21年度第3回役員会
2009年5月28日
  平成21年度第2回役員会
2009年4月10日
  平成21年度第1回役員会
2009年3月3日
  第21回総会
2009年1月28
  第4回役員会
2008年11月13日
  第3回役員会
2008年10月24日
  合同セミナー
2008年9月11日
  第2回役員会
2008年3月3日
  第20回 総会
2007年12月10日
  第3回役員会
2007年9月7日
  第2回役員会
2007年2月1日
  第19回総会次第
2007年2月
  中部経済新聞掲載
2006年12月12日
  臨時拡大役員会
2006年11月7日
  材工検討会
2006年9月7日
  拡大役員会
2006年7月6日
  拡大役員会
2006年3月15日
  会長会社訪問
2006年2月7日
  美しい日本の景観と屋根
2005年8月7日
  ルーフスケープコンテスト
旅をしてみたい、住んでみたい そんな人が集まる街づくりを考える
活動報告
◇ 景観で新需要創造 基金やアドバイザー提案
 景観法施工から丸1年。粘土瓦メーカーや屋根工事業からは、いぶし瓦の見直しや非住宅の傾斜屋根採用、大屋根化、なにより建築費の数パーセントにまで低迷している「屋根の復権」が期待されている。

 (伊藤滋会長)は2005年8月、全陶連、全瓦連、全燻連、KMEWの協賛を得て「ルーフスケープ(屋根景観)コンテスト」を共催、景観への取組を具体化させた。
 次いで、景観への取り組みで協力関係にある両団体は2006年2月7日、新高輪プリンスホテルでシンポジウム「美しい日本の景観と屋根」を開催、ルーフスケープ基金や屋根景観アドバイザー、屋根景観デザインガイドライン構想などを発表、新たな需要の創造へ駒を進めた。

 ルーフスケープ基金は、コンテストや、今回のようなシンポジウムの開催、「景観特区」促進へ向けた提言や情報提供などの原資となる。賛同者を業界内外に広く募る考えで「最低でも一千万円」の出資を目指す。

 屋根景観アドバイザーは景観を切り口に屋根材の選定から工法提案などを行う屋根景観のスペシャリストと位置づけた。集合住宅や団地、商店街などの景観形成で景観デザインなどに適切なアドバイスを行うことを念頭に置いている。

 屋根景観ガイドラインは屋根材の素材や色、屋根形状などを提案するための指針。

 基調講演を行った日本都市計画学会会長の鳴海邦碩大阪大学教授からも、「屋根の重要性は誰もが分かっているが、詳しく考えられていないのが現状、ガイドラインを策定して」と強く要望された。
(日本屋根経済新聞より)
 
   
Copyright