日本屋根外装工事協会
女優さんや美しいスタイルの女性人気モデルは、その美しさをキープするのにスポーツジムに通ったり、専門のヘアメイクさんやスタイリストさんのアドバイスで美しさをキープしています。建物の外観上の美観や性能も同じように専門知識がある「屋根の技術者」のアドバイスやメンテナンスがあってこそキープできることと思います。
 
長寿命住宅を保つための点検とリフォーム
住まいは放置しておくと確実に老朽化が進み、いろいろな障害が生じてきます。外装においても美観と性能を保つためには建築時の標準施工法による施工は勿論のこと、お住まいになられているお施主様の日常のお手入れや専門業者による定期的な点検が必要となります。適切なメンテナンスがなされますと、外装材のみならず建物自体の老朽化を遅らせ、資産価値の維持にもつながります。
外装材は太陽光(紫外線)、風雨、雪、気温の変化等、過酷な条件下にさらされています。サイディングはその表面に対候性のある塗装が施され、外壁材間には防水用のシーリング材が施工され建物を保護していますが、塗装およびシーリング材は永久的なものではありません。お早目のメンテナンス(再塗装、シーリング材の打ち替えなど)の実施をおすすめいたします。
 
お施主様が日常できる点検
日頃から建物の外壁を目線にて点検を行ってください。
なお、高所などの危険な場所や点検の難しいところは、お施主様自ら行うことは避けるようにしてください。
外装の点検内容
点検項目
メンテナンス時期の目安
塗装表面の状態
褪色・藻・落ちなくなった汚れ・塗膜のきれつ・塗膜のはく離 等
塗り替え 5〜10年
シーリング部の状態
シーリング材自体の劣化によるひび割れ・はく離 等
打ち替え等 適宜対処
外壁材の状態
外壁材の破損・地震なのによって発生した釘留め部のきれつ 等
部分張り替え等 適宜対処

外装材の各部位ごとに劣化の程度が異なります。劣化の早いものを予め知っておけば、酷くなる前にメンテナンスをすれば、コストもそこまでかからずに済む場合があります。早めの点検、メンテナンスで愛着のある我が家を守りましょう。
外装材の各部位ごとに劣化の程度
↓
メンテナンス部位
点検時期(目安)
改修時期(目安)
改修前写真(一例)
改修後写真(一例)
粘土瓦
A 屋根材平部
10年
30年
粘土瓦 改修前と改修後
B 屋根材役物部
10年
20年
C メンドシックイ
5年
10年
D 水切り部材
5年
10年
セメント瓦
  屋根材平部
10年
30年
セメント瓦 改修前と改修後
  屋根材役物部
10年
20年
  色あせ
5年
10年
  水切り部材
5年
10年
カラーベスト
(一般品)
  屋根材平部
10年
10年
カラーベスト 改修前と改修後
  屋根材役物部
10年
10年
  色あせ
5年
10年
  水切り部材
5年
10年
外壁
(サイディング)
E 外壁材平部
5年
30年
外壁 改修前と改修後
F 外壁材周辺部
5年
20年
  色あせ
5年
10年
G 目地コーキング
5年
5年
雨樋
H のき樋
10年
20年
雨樋 改修前と改修後
I たて樋
10年
20年
 
 
屋根・外装のメンテナンスについて日本屋根外装工事協会にお問い合わせする
 
 
Copyright